KIOKUNOIE

木屋の家とは

こだわりを詰め込んだ家

高気密高断熱の木の家

木屋の家は、奈良のいえの注文住宅の中でも最もこだわり抜いた自由設計の家です。かっこいいや可愛い、洋風や和風といったスタイルに囚われずに、住み心地ちがいいということと、きちんと手入れをすれば自分たちの資産になるということを考えた木と漆喰のシンプルな家づくりです。
奈良のいえの注文住宅は、暮らし方が様々楽しめるのも特徴の一つです。木の住まいに、外と中とを繋ぐ土間のある景色と、奈良の自然を取り入れた自分たちなりのこだわりの家を設計士と一緒に実現させましょう。

Point 01.

設計士とつくる注文住宅
木屋の家は、一から住宅のイロハを学び設計と一緒になって家づくりをすることができます。お客様のご要望を基に、本当に暮らしやすい、心地のいい家とは何かを考えてきちんとご提案をいたします。デザインも素材も目には見えない家の中までもこだわりたいあなたの暮らしに合う、そんな家づくりを。

Point 02.

太陽に素直な設計を学ぶ
奈良のいえの中でも、特に木屋の家は、設計において光の取り入れ方と遮り方を考えています。断熱材や素材だけでは変えることのできない夏の暑さや冬の寒さを自然と調和することで、より快適に暮らすことができるようにと、考えられています。太陽に素直な家づくりは心にも優しいのです。

Point 03.

充実した標準仕様
木屋の家は、快適に暮らすということに合わせた充実の標仕様もオススメのポイントです。
SW工法(スーパーウォール)を取り入れた高気密高断熱の家に合う、空気を綺麗に保つ仕上げ材や、ママがこだわりたいキッチンなどの水回りも予算に合わせてオーダーでもご対応ができます。

安心安全の耐震等級3の家づくり

SW壁パネルの強度は強い

一般的な筋かいの変位度

SW壁パネルの変位度

木屋の家で、標準採用しているSW工法は、高気密高断熱として性能が高いだけでなく、耐震性も強く安心できる住まいを実現できます。高性能スーパーウォールパネルは、構造用合板OSBと断熱材を一体化し、建築基準法で木造最高レベルとなる「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定を取得)を実現。壁倍率2.5倍の基本パネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置することが可能になります。また、一般在来の家の壁(筋かいによる5倍相当仕様)と比べても壊れにくく、変形量も筋かいの半分であることが耐力試験で確認されています。また、甚大な被害をもたらした大地震に負けない全壊0棟の実績がある工法でもあります。ここ20年の間に、甚大な被害をもたらした地震災害は、10回以上を数えます。スーパーウォールの家は、これらの大規模地震にも負けることなく、お住まいいただいているご家族の暮らしの安心を守り続けています。

心地よい空気環境をつくる家づくり

計画換気システムECOAIR
夏のジメジメした空気もなくせる
冬の乾いた空気に潤いを
木屋の家で、標準採用している熱交換型24時間換気は、計画的に室内の空気を入れ替えることができ、より快適な空気環境の中で暮らすことができます。実際に、家づくりをした人の5年以内の後悔の統計に、空気の質というものは上位に含まれています。家づくりは目に見えない部分、わからない部分も多く、見落としがちなのが空気の質なのです。一般的に換気を行う場合、窓開けや給気口から取入れる外気とともに、外の温度や湿気も一緒に取り込んでしまいます。しかし、全熱交換型換気システム等を使用することにより、高効率の熱回収と湿度の交換で、室内の快適さはそのままに換気を行うことが可能になります。

省エネで家計にやさしい家づくり

木屋の家の標準仕様であるSW工法(スーパーウォール工法)の家は、一般住宅と比較して、冷暖房・換気・給湯・照明などの光熱費を43%削減することが可能です。さらに、水道費においても32%の削減が行え、全体で41%の水道・光熱費を削減。年間で168,480円の節約を実現することができます。これらのランニングコストシミュレーションは、家族構成や住まいの条件、地域などによっても変わるため、一邸一邸、建てる前にシミュレーションを行い、お客様にご確認いただくことができます。下記がそのシミュレーションになります。

奈良のいえの家づくりの基本